2010年01月30日

創作者バトン

連日でバトンなど。
きむら先生から頂きました!

長くなってしまったので畳みますー
つづきからどうぞ!


【創作者バトン】


Q1 小説、漫画などの創作媒体は何ですか、またそれを選んだ理由はありますか。
→一番は漫画。それを補うくらいでイラスト。
絵は物心つく前から描いていたので、そこからずるずると描き続けてます。
小説も書きますがそっちは完全に趣味。とろらぷをいつか漫画で改めたい。

Q2 主に行っているのは一次創作ですか二次創作ですか。
→一次創作です。

Q3 得意なジャンルは何ですか、また苦手なジャンルは何ですか。
→得意というかよく書くのは異世界ファンタジー。でも剣と魔法の王道ファンタジーは何故かうまくいかない…
苦手…所謂現代ものとやらはまず自発的には描かないです。イラストはともかく、漫画となるとそこになんらかの非日常要素を絶対入れてしまう。
あと少女漫画とかBLとかそれ自体が苦手なのですが、よく考えたら恋愛主体の話がそもそも苦手なんじゃないのかと思い始めました

Q4 作品を作る際にプロットや設定資料のような物を作りますか。
→ネタ帳に思いつく限りまず描き出します。
最近は設定馬鹿にならないように気をつけてはいるんですが、結局なっている気がする…

Q5 創作中に設定の練り直しや、文章の推敲等は行いますか。
→設定の練り直しはもう常日頃…ネームとして決定するまでとにかく練ります。
場合によっては下描き直前に外見が変わったりもあります。決めろ。
文章推敲は少ない方かと。小説だとちょこちょこやりますが、それでも一定の一連の流れが出来てから加減する感じです。

Q6 Q5を答えた方でその際に修正に気がとられて創作が先に進まなくなることはありますか。
ま さ に い ま で す

Q7 ジャンル、メディアを問わず、自分に大きな影響を与えていると思う作品はありますか。
→とりあえず…
・魔法陣グルグル
・天地創造
・ポケモン・ポケモンSPECIAL
・ゼルダの伝説
・夜麻みゆき先生作品群
・ポップンミュージック
・猫叉Masterさん作曲群
まだあるけどこのくらいにしておく。任天堂と小学館とスクエニからが主。
あと絵的な意味でも精神面でも先生・友人達から受けている影響はデカイ。
エルフ耳が大好きすぎるのは明らかにゼル伝の影響です
それから、森好きの理由で昔の記事に『家の近くの公園のー』みたいなこと書いたことありましたが、ゲームとか漫画でも
【天地創造「エバーグリーン」】→【スーパーメトロイド「ブリンスタ」】→【スーパーマリオRPG「ハナチャンの森」】→【もののけ姫】→【ゼルダの伝説 時のオカリナ「コキリの森」】→【ポケスペの「トキワの森」の設定あれこれ】…以下略
とまあとにかく昔から森にまつわる場所がとにかく好きだったみたいです。
あと吹奏楽の6年で鍛えられた精神とか。

Q8 スランプ等は経験したことがありますか、その原因は何だと思いますか。
→最近もう「ちょっと今は気分がノらない」と「スランプ」の違いがわからなくなってきました。
確実に「スランプ」に陥る原因は、「昔の作品の方が良かった」と自分自身で認識するときと、あと人間関係の悪化だと思います。

Q9 自分が創作を行う際の目的や原動力はなんだと思いますか。
→待ってるよと言ってくれる人の為。数じゃないんです。

Q10 作った作品は公開していますか、またその方法は何ですか。
→WEBではイラストと小説、現在休止中ですがオフラインでイラストと漫画。

Q11 こういった作品は好きになれない、苦手だというようなものはありますか。
→作者の愛が感じられない作品。見ていて怖い。
なので自分が熱いれて描けてないなあと思ってしまう絵とかはそれはそれは恐怖。あ、それがスランプか…?
語弊ありそうなので言いますがボコリ愛とかは寧ろ大好物です 好きな子はいじめたくなるよね!(黙れ)

Q12 あなたの作品を色にたとえると何色だと思いますか。
→私の作品全体としては明るい茶色を目指しています。
作品ごとに変わってくると思います。

Q13 あなたの作品を風景にたとえるとどのような風景だと思いますか。
→暗い森の中の曲がりくねって先が見えない道 …とかどうですか

Q14 自分的には良い出来だと思う作品、真剣に作った作品が、他人からは評価を受けなかった場合はありますか。
→日常茶飯事ですが。

Q15 Q14とは逆に自分では失敗作だと思った、手を抜いていた作品が、他人から評価された場合はありますか。
→Q14よりは減りますが、これも日常茶飯事ですが。

Q16 自分の作品はどういった人に評価してほしいですか、またどのような人に見てもらいたいですか。
→どういった人ってどういうこと…?
ちょっとでも気になったり、好きになったりしてもらえれば誰でも。

Q17 科学的な根拠や、現実性の追求等、リアリティにこだわりますか。
→その作品の世界観を生かすことを前提に。ある程度はリアリティがないと話が成り立たないので…難しいけど。

Q18 創作を始めたきっかけは何ですか、またそれはいつ頃ですか。
→絵を描こうと思ったきっかけは覚えていません。母からの情報では3歳になる前にはもう何か描いてたらしいです。たぶん紙と鉛筆がひとり遊びで一番簡単なツールだったんじゃなかろうか。
漫画を描くきっかけはぼのぼのとか、あと小学館の学年雑誌。特にストーリー漫画はポケスペ。

Q19 ストーリーを前半、中半、後半に分けた場合、それぞれの場面でどういったことに注意しますか。
→前半、中半、後半というより起承転結で考えてます。
起は5W1Hを特に、承は繋ぎ方、転は勢い、結は締めと読後感の意識…てな感じで。まだまだ勉強中なんで全然出来てないですが…

Q20 創作をしていてよかったことはありますか、また苦労したことや悩みはありますか。
→良かったことはなんといっても気に入ってもらえることです。あの瞬間の感動を思い出すだけで次の原動力になります。
苦労や悩み…Q14・15みたいなのは本当に日常茶飯事なので置いておきますが、創作を通じて人間関係がぐだぐだしたこと…これ以上のものはない

Q21 自分の作品に共通するようなテーマやキーワードはありますか。
→感情とか関係性とかはどの創作にも盛り込んでいる気がする。

Q22 自分の作品の気に入らないところ、改善したいところはありますか。
→だらけですがorz
細かいとこ言い出すと本当にキリがないので割愛、目下の目標はキャラをもっと知ること、世界観を深める為に本物の世界を知ること、あと大人と動物と背景と質感とアクションシーンとエフェクトと構図と光表現!
結局羅列か!orz

Q23 過去の創作で一番気に入っている作品は何ですか、またその作品のどのような点が気に入っていますか。
→うーん…難しい質問を…
2008年に描いたハロウィンのは数少ない長く気に入っているイラストです。
たぶん下描きから完成まで全ての行程を本当に楽しく出来たからだと思う。

Q24 その作品のキャッチコピーを考えてみてください。
→Happy Halloween2008!!!
まんま(笑)これコピー…?

Q25 主要登場人物の年齢や性別に傾向はありますか、また作中の人物の男女比などを気にしますか。
10代の少年少女が鉄壁すぎる
作中の人物の男女比気にしてるはずなんですが、いつのまにか男が多すぎるなんなの
サイトでよく出てくるのが少年に偏りすぎてますが、女の子も描いてます よ…
大人を描いていないのは認める…

Q26 未完成で投げてしまった作品はありますか、またその作品を完成できなかったのはなぜだと思いますか。
→すみませんほんとうにすみません
たぶん自分の、道を逸れ易く且つ一度逸れたら戻りにくい性格の所為です…

Q27 その時の流行等を意識して作品を作りますか、またそういった作品に対してどういった考えを持っていますか。
→流行はあまりわかりません。流行を知ると逆行したくなります。
そういった作品に対して…本人がやりたいなら良いんじゃないでしょうか;ただ(自分が言えませんが)それによってその人が元々持っていた世界観を壊す程度となるとちょっと待てよと言いたくなりますが。
デザインとかは寧ろ流行に敏感じゃないと出来ないと思うんでわしにはむりです

Q28 その時自分が熱中している物事の影響が作品に出やすいですか。
抑えようと思ってても出るときは出ますね(苦笑)
あからさまに影響見え見えなキャラ作っちゃったら、自分が落ち着くまでこっそり心の中にしまっときます。練り直しまくる。

Q29 自分の作品が販売されることになったとします、表紙等はどのようにしたいですか。
→それに収録される話の全体感をぼんやり掴めたイラストが描けたら良いですね。

Q30 登場人物を作る際、どのようにして人柄やイメージを作りますか、また人物で重要視することは何ですか。
→一番最初は、小さな「こんなキャラ描きたい」から。旅してるとかドラゴンと友達とか。
主人公だったら、描きたい話と合ってるか、またはその主人公で話が成り立つか。
主人公以外だったら、主人公とこんな関係だとか。そこが主人公じゃなくても、関係性で人物を増やすのはよくやります(ろーかくの敵サイドとかまさにそんな感じ)
そんでどういう風に動くか、どんな表情をするのか、過去に何があって今ここにいるのか、なんのための服装・道具なのか…とか妄想考えてる時が一番楽しいですね!!!

Q31 自分は登場人物を殺す方だと思いますか。登場人物を殺すことに対してどのような考えを持っていますか。
→なるべく殺したくはないですが、ストーリーとして必要な死ならすぱっと殺します。
そんな場合、ストーリーを進めながらというよりこの箇所で殺す前提でキャラを深めることが多いです。
…殺すなと言われても脳内で作中死が決定してる子に容赦はしないということで(にこ)
でも死を扱うシーンってものすごく慎重にならなければいけないと思うわけで。

Q32 暴力やグロテスクな表現、性描写に対してどのようなスタンスを持っていますか、また自分は使用しますか。
→暴力とグロテスクは作者の愛があるなら寧ろ好きです 血表現格好よく描けるようになりたいね
といってもジャンプくらいが限度かしら 内蔵ぐちゃー以上は心臓が保たない 最近はBLEACHとハガレンのお陰で腕が吹っ飛んだり貫通したりが全然平気になりましたこわい
性描写はいかなる場合でも勘弁して下さい 自分で描くのはどうしてもだめ。
読むのは…その漫画が読みたい前提なら最近大丈夫かも…。昔読めなかった最終兵器彼女今なら読める気がする。読みたい。
あ、でもこの前貸してもらった漫画のは大丈夫だった。たぶん直接的な描写じゃなかったのと絵が可愛かったからだと思う。びっくりしたけど。

Q33 日常的(食事風景等)な描写に対してどのような価値観を持っていますか、また自分は使用しますか。
→必要なら描きます。だいたい起承くらいに日常シーンは入るかなあ…

Q34 作品の評価ポイントはどこにあると思いますか、他人の作品を見る際はどのような点に注目して見ていますか。
→えええなんていったら良いんだろう…!
視覚に訴えるメディアだったら空気感を感じる作品に弱いです。
あと表情には注目している。顔だけじゃなくて、身体とか含め。

Q35 意図的であるなしにかかわらず作中で多用する表現、台詞、描写などはありますか。
→最近ストーリー漫画でやたらキャラが泣くんですがなんでしょうね

Q36 登場人物と自分とを切り離して考えていますか、性格や思考などが登場人物に出やすいことはありますか。
→寧ろどうやって切り離せるのか教えて下さい 性格とか思考とか出まくりですよ!

Q37 他の創作を行っている人に対して聞いてみたいことはありますか。
→きむら先生から
「有名作品の二次創作の盛況っぷりを前に、自分の一次創作のしょんぼり加減に凹んだことはありますか?また、そこに理不尽な『何か』を感じますか?」
に…日常茶飯事です…orz いらいらしてるときなんか「お前らオリジナル描いてみろよ!!!その評価そのままだと思うなよ!!!」とか思って冷静に戻ったあとお前は何を言っているんだ状態になります。上手い人はオリジナル描いても上手いんだよ…
でも最近は、二次創作を見て、「私が描かないとこのキャラは動かないし、なんだかんだで一次創作大好きだ!」とも思えるようになってきましたけど。
好きで楽しくファンアートをしてる人達じゃなくて、流行に乗って人気で評価貰いたかったから描いてみたっていう人は大嫌いですが。何を求めているんだ。それで楽しいのか。

関係ないかもだけど、好きな作家さんに「出版社この先生にオリジナル描かせてあげて!!!」って人がなんか多い気がする…

自分の質問
「キャラクターの名前や作品タイトルのネーミングはどうやって考えていますか?」
気になる気になる…

Q38 今後はどのように創作と関わっていきたいと思いますか、あなたにとって創作とは何ですか。
→積極的に進んでいけたら良いなあと思います。
創作とは。いつも聞かれて困るんですが。命かけて作るもの。リアルに(苦笑)

Q39 おつきあいくださり有り難うございました。バトンを回したい方がいましたらあげてください。
→おおおうすんごく長くなった…!本当にお付き合いありがとうでした!楽しかった!
バトンはやりたい方いらっしゃればどぞどぞー フリーにしますっ
posted by 岡亭みゆ at 18:06| Comment(2) | バトン
この記事へのコメント
俺…ティアが終わったらこのバトンをやるんだ…。
創作について共感出来る事が多いですねー。
二次に対するスタンスとか、すごく良く分かります。
評価を貰う為だけに二次をやるのは、それはそれでその人のスタイルなんだとは思いますが…。

みゆさんに会えるティアの日を楽しみにしてますー!
Posted by なぎと at 2010年01月31日 16:47
楽しみに待ってるぜ…あとPFW参戦もな…

うおおマジすか 結構脊髄反射で答えてるんで本心な感じです。
二次は…一次と比べるもんじゃないんだ!と思っててもやっぱ比べちゃうときがあるんです(そして勝手にしょんもりする)
評価を貰う為だけに二次やってる人は、へえそうくるかって感じでしたが、某所覗いたら自分が思ってる以上によくあることだと最近知り始めて、これはこれでしょんもり(ry

ティア楽しみにしてますよ…!
鎮まれコミスタと念を送っておきます。合同本とっといて下さいよ!!
Posted by みゆ at 2010年02月02日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: