2016年09月13日

20160913

ここに書いて表明しておかないと心が折れそうになったので早々に。
前々から11月の北海道コミティアで高校の頃の漫画再録本出すと言ってましたが、なくしてた原稿1ページだけだと思ってたんです。完成の冊子と照らし合わせて改めて確認したら、1冊の寄稿分まるまるない号があって(しかもファイリングしてる気満々だった)これ以上探す場所ないってくらい探したんですけど見当たらないので、はじめからわかってた1ページ同様製本済みのものからスキャンしようと思います。
加工修正たいへんそうだなあという以前に、原稿見つからないショックが大きすぎて呆然とした時間を過ごしてしまったのを報告します…なんで…
というわけで50p強くらいの本になりそうです。

なんかこう、大学1年に描いた原稿よりも高校3年に描いた漫画の方が絵に安定感あるような気がする…なんでだ…間に美大浪人まで挟んでるのになんでだ… 自信か…
高校生の頃に自信があったわけじゃないけど、大学入ってすぐに欠片もないほど打ち砕かれてたからなあ…ははは
『楽しんで描く』のパワーはなにものにも代え難いな

歩展の絵と格闘しています。
好きなモチーフを好きな画面でぶち込んだはずなのにどうにも集中して取り組めていなくて、その間にどんどん時間が過ぎて行く感じ。なんだろ、なにが不満なんだ。
完成形が見えて来た時に沸き上がる不安にも似ている。

飛び込んでいたいなあ。自分の世界に。
posted by 岡亭みゆ at 02:37| 日記