2017年11月30日

COMITIA122ありがとうございました!

遅ればせながら先日のコミティアおつかれさまでした!
今回ディスプレイ撮れなかったので写真はなしです。

つづき。
posted by 岡亭みゆ at 00:01| 外部活動お知らせ

2017年11月19日

【参加情報】2017/11/23 COMITIA122のこと

cut-comitia122-b.gif
COMITIA122(自主制作漫画誌展示即売会)
◆日時:2017/11/23(木祝)11:00〜16:00
◆場所:東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
◆スペース:お05b(直接参加)
DMbHqOXVAAEaUTP.jpg

◆新刊


【Blood Feast】
A5/36P/¥500/オンデマンド
『ダークファンタジー』をテーマにした合同本です。メンバーは師走雪氏、Jeyさん、裏表紙ゲストに夕闇凪葉氏。火色星のスペース他、師走雪氏のスペース『こ08a・鰯ROCK』でも頒布します。
岡亭サイドは暗殺組織の青年(と女性)のとある一夜のお話、漫画15P+コラボイラスト1pです。
以下サンプル。右からどうぞ。※流血・死ネタを(サンプルにも)含みます、苦手な方はご注意下さい。
DFA-sumple04.pngDFA-sumple03.pngDFA-sumple02.png

【ヒカリシ -touch-】
ヒカリシの続きです。描けるところまで持っていきますが、おそらく表紙込み12p程になるかと思います…
2月コミティアで今回の分も含めて新しく発行する予定です。A5/¥100/コピー。
直前に情報更新すると思うのでついったなど見て頂ければと思いますすみません…!

◆既刊
・ヒカリシ -宵のホシの物語-(読切コラボ小説) ¥1000
・ヒカリシ-know-(本編5話) ¥200
・ヒカリシ-find-(本編4話) ¥300
・がらくた同盟 -兄さんと本- ¥100 今回で頒布終了
・草色太陽Lv:03 ¥500
詳細確認はアリスブックス様にてお願いします。

◆グッズ
・マスキングテープ 2種 各¥500
・ポストカード 6種 各¥100
詳細確認はBOOTH様にてお願いします。

◇参加企画
20170709-01-i.png
綿津見様主宰の【アンソロジー空】にカラーイラスト1枚で参加させて頂いております!
主宰さまのサークル【unclear(け60ab)】より初頒布されます。分冊発行、岡亭のは【am】収録です。
詳細ブログ記事

*当日のこと
・一人参加なのでスペースを空ける時間が発生します。予定として13時からの1時間程買い物に出る予定です。御用の方はそれ以外のお時間にお越し下さい。お迷惑おかけします。

それでは当日よろしくお願いします!!雨予報出てるんですけど保って…!!
posted by 岡亭みゆ at 21:34| 外部活動お知らせ

2017年11月12日

20171112

garakuta04-01.png
◆5月コミティアで頒布した漫画を公開しました。
がらくた同盟-兄さんと本-
それと同時に、サイトのstoryページの『がらくた同盟』『星くず管理人』をマンガハックへのリンクへ変更しました。12月入った頃に『ヒカリシ』も変更する予定です。
もともと世界観設定とかのページを作るためのあの体裁だったのですが…長いことそこまで手が回っていない上に現状いつ手を入れられるかもわからないので、現状はこう致しました。
設定ページとしてまとめるより、漫画作中で語ったり、あとは本のおまけとして入れたい…という心情変化もあったり、あとはサイトリンクの簡略化などをほんのり考えています。
今日更新した漫画の同人誌版は23日のコミティアにも持っていきますが、そこで最後の頒布にする予定です。アリスブックスさんでの委託も11月末で終了予定です。よろしくお願いします。

土日は祖母と伯父の法事に行ってきました。群馬は風が強かったけどぴかぴかに晴れていて、空が綺麗でした。
posted by 岡亭みゆ at 21:17| サイトお知らせ

2017年11月01日

20171101

まずはお知らせ。アンソロジー空参加告知記事に追記しました。冊子詳細と初頒布イベント情報です。

10月後半にいろんなことがありすぎたのでざっくり。

***
17日から新しいお仕事がはじまりました。長かった。そこに行き着くまでのいろいろなものが。
やっぱり描くことを最優先にしたくて、仕事中も自分の性格的に無理をしない、夜にきちんと自分の時間が取れるお仕事にやっと辿り着けました。
人生というか…主に20代が傷だらけなような気がするのですが、それでもまだ死ぬわけにもいかないし、やりたいことも買いたいものも見たいものもたくさんあるし… どうにかこうにか前向いてやっていっています。
生きていくことが非常に下手くそだなあと思う反面、そこがそうじゃなかったら描いていなかったんだろうなあという問いは、死ぬまで自分に問うと思う。
まだ仕事についていくのにいっぱいいっぱいですが、環境は良い所です。

***
10/28
恩師松尾先生の個展に行って参りました。→砂を描く日本画家― 松尾多英ホームページ
私は先生の個展にお邪魔するとき絵を見るのと同じくらい、あの空間に飲まれるのと、そして先生とお話させていただくことを楽しみに行くのだけど、今回は。ひとつ。どうしても報告したいことがあって。
7月に発行された世津路さんの商業作品『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』。描かせて頂いた著者近影イラストを報告するために自分の分のを持っていったら、「これ、貰って良いかしら」って。先生の元に、預けてきました。
小さいイラストだけど、大事なイラストだと、先生が言ってくれた。それは本にとってという意味でもあるし、私(岡亭)にとってという意味でもある。先生には、商業を目指したり挫折したり描けなくなって筆を折ることも考えたりそれでも這うように描き続けたり、そういうことも全部聞いてもらっていたから、それを踏まえた上で、「ここからだね」って言ってくれた。
会場で泣いてしまった。お客さん、他にもいたのに。
頂いてばっかりだ。頂いてばっかりだけど。また報告したい。描きたい。
来年いよいよ御年70歳になる先生は、まだまだ描かれるそうです。はじめてお会いした時とほとんど変わらないエネルギッシュさで。またお会いしたい。

とりあえずここまで。
posted by 岡亭みゆ at 23:55| 日記