2016年01月13日

20160113

20160113-01.png

師匠にネーム見てもらった。
去年10月から没を繰り返していた漫画。もう一度最初から描いて、話描くのってこんなに辛かったっけ、と思いながら、前日までに描き切らなくて喫茶店で師匠待たせて目の前で最後の5p切るなんてことをして、ぼろぼろになったように見てもらったネームだったけど、自分にはもったいないくらいたくさんのヒントを貰った。
時間かかるかも知れないけど、確実に完成まで持っていきたいと思った。

再三言ってる自分への言いたい事
・最後までネーム描かないと出てこないパズルピースがある。
・辛くても最後まで描かないとどんどん没にしたくなる。
・テキストで考えるより絵(1シーン・コマ)で考えた方が行動もだが気持ちも考えやすい
・漫画にしたほうが楽しい。私が。
・人が生きて死ぬ話が描きたい。暴力表現に怯えている場合ではない

その他課題山積みだけど、〆切決めてネーム無理にでも切るって必要な事でした。あと文字だけで考えるのよそう。私はだめだ。ネームで変更しながら描いたけど、落ち着いてから見直したら(それでも全然だけど)ネームの方がよっぽどキャラは動いてる(=行動している)し喋る言葉も自然に出てきたような気がした。
物事常にコマ切って考えてたあの頃に戻れるかどうかはともかく、感覚を思い出す事は出来そうだ。
主人公が話の中で主人公に見えないのがいやでいやでたまらなくて、悩んで描いても主人公に見えなくて癖になってんだろうか、とちょっと自棄になったりもしていたのだけど、『皆なることだから』と言ってもらえたのがとても救われた。
なんとかしていけるだろうか。自分次第だな…

本調子じゃないけど回復してきた。そんなくらいでいいのかも。
posted by 岡亭みゆ at 15:27| 創作あれこれ

2016年01月11日

20160111

20160111-01.jpg
すっごい逃げたい気持ちになってしまったのでそれを払拭するためのらくがき。
逃げちゃ駄目なんだ。今逃げたら。
またの名を弱音を吐きたいという弱音を吐きたい状態とも言う。
自己を鼓舞するらくがきはよくする。

ほのぼのに少々浸かりすぎた感じがする。
おっし!
posted by 岡亭みゆ at 20:15| 日記

2016年01月10日

20160110

とっておいたディバインゲート見ました。
ゲーム未プレイのままヒトリエにほいほいされてだったんだけど、面白かったし世界観好きな感じだったので追って行きたいです。アカネとアオトが好きです(言わなくてもわかりそう)

初回オープニングなしではじまったから今回はエンディングのみかな?と思ったんだけど、最後に入ってきて完全に不意打ちでした。映像めっちゃかっこいい!スタッフロール組み込んでのオープニング映像!!
アニメのオープニング・エンディングの映像って実はそれ自体がかなり好き。そもそも『音楽に映像が付く』っていうことが好き。

結論:ワンミーツハーでテンションがおかしいことになっている

MV、アニメのオープニング見てからにしようって我慢してたんだけど、めちゃくちゃ好きですウオオオ アニメに準じてだとは思うけどゲートとか扉とかのモチーフ大好き
この『赤』と『青』の2色はじめて見た時からセンスレス・ワンダーのシングルがずっと過ってて、あれがやっぱりメジャーデビュー最初の盤だったからすごく印象に残ってたんだけど、こうやってまたこの『赤』と『青』に出会えたのって嬉しい。動脈と静脈かな…と思ったけど、なんかもっといろいろ意味含んでそうなんだよな…
歌詞が絶対好きな感じなので早くCD欲しいです

ここ最近ちょっともにゃもにゃしてたけど吹っ飛んだ ヒトリエ好き!!

最後のオープニング(日本語が変だ)終わった後、ヒトリエMVの映像でワンミーツハーのCM流れて
20160110-01.jpg
さらにその次が
20160110-02.jpg
アジカンのRight NowのCMでした(本人達出演MVのCM)
ひっくり返るかと思った
posted by 岡亭みゆ at 00:27| 日記

2016年01月06日

20160106

話を聞いてくれる存在っていうのは、とても貴重で代え難いものだな、と改めて思う。
昔から人にものを話すのが本当に苦手で、自分の事を話すより人の話を聞いている方が気が楽で、話している相手がずっと喋っている場になると口を噤んで(良い意味でも悪い意味でも)聞き側に徹していたりするけど。だからこそ、聞いてもらえたとき嬉しいんだろうな。

期間限定で霜色いしころを復活させました。
ブログ横のバナーから注意書きページへ飛びます。お口に合いそうでしたらどうぞよろしくお願いします。
ああいう注意文で実はリンクが全然関係ない文字から貼られてる…というわかる人にはわかることをやろうとしたのですがそういう内容でもないのでやめました。
一昔前の個人サイト全盛期のころのあれこれがたまに話題になって、ちょっと馬鹿にされた風なのを見たりもまれに見るけど、懐かしい=悪いもの、みたいな扱いされるの好きじゃない。サイトに限らず。

アジカンシングル発売日だ!元気貰う!!
posted by 岡亭みゆ at 01:01| 日記

2016年01月03日

20160103

年末あたりからサイトのリンク整理をそっとしていました。
リンクフリー(またはリンクについての説明がある)と提示されていないサイト様をいくつかリンクしたままになっていました。リンクについての提示確認をしないまま、以前の状態のまま貼りっぱなしになっていたようです、申し訳ありません。一度リンク貼った後、なかなかサイトのリンクについての項目って確認しないのですが、年1くらいの確認ってやっぱり必要ですね…

サイト改装の話。
細かいところが気になりだす時は大抵別のなにか大事なものから目を背けているときでまさにそれです。
ひとまずそこに目を瞑って枠を作ってみた方が良いのでは、などと考えています。
そんで自分のサイトに手を出している余裕がなくなってきました。
長期戦になりそうなのでますます枠を作った方が早いような気がしてきました。
細かいところをいじりたいときは大抵、『目に見える更新』を欲している時です。自分が一番わかっています。

年末同人関係(印刷物・画材・web総じて)を整理していて思った事
20160103-01.gif
20160103-02.gif
真理でした。
枠を欲しがっている時も『目に見える更新』を欲している時です
ここらへんの心持ちをちょっとずつだけど変えていきたい…です
あと、去年急激に小説書きさんのお知り合いさんが増えて、100pとか200pとかの同人誌をぽんぽん出されているのにひっくり返りそうになっていて、小説書きさん良いなあとかふざけた事を考えていたのですが、【そのページ数分書き上げている】という事実に媒体関係ないだろと自分を殴りたくなったので恥ずかしながらここに記しておきます…

どうでもいいですが1枚目のコマの絵描いている時に妹に心配されました 家でいつもこんなんだよ!!(笑)
posted by 岡亭みゆ at 21:22| 日記

20160103



師走雪氏に昨日献上したやつ。シロップ君かわいいぜ。
posted by 岡亭みゆ at 14:59| 日記

2016年01月02日

20160102

初夢をそこそこ記憶していたので記録してみる。

どこかのホテルに泊まっている夢でした。外国風な感じだったけどどこかはわからない。
20160102-1.jpg
覚えている限りではレストランでわくわくしていたのが最初です。新年早々夢の中でも食べている。
メニューは適当。昨日の大食い世界選手権のクリームハンバーグ美味しそうだった…

20160102-2.jpg
レストランで頂いた後何故か部屋に戻って食べるんだけど、その途中で箸を落っことす。
それが、本来私が入っちゃいけない部屋?みたいなとこまで転がって行っちゃって、やーな視線を浴びながら拾いに行った。
昔から『隣のクラスの教室』とか『自分が使わない楽器が置いてある部屋』とかの『許可がない限り入ってはいけない場所』に入るのが苦手だったんだけど、夢の中でもそれが適応されていてなんかすごく辛かった。視線の辛さは過剰意識だったような気もする。
でも箸は拾わないと食べられないし。食べたいし。

20160102-3.jpg
ちょっとシーンは飛んで、食事後。マクドナルドとか行った時にトレーに敷いてあるようなチラシがなぜかホテルのレストランのお盆にも敷かれていて、そこに興味深いお話を見つけて、友人に報告してみる。

20160102-4.jpg
でもそのお話は友人のお気に召さなくて、きっぱり『面白くない』と言われてしまう。
そんなことはよくある話だろうけど、存外ショックを受けてた気がする。
ちなみにこの友人は誰かは覚えてない。

何かを暗示しているようでならない。

お気に入りサイトさんの、一年総括や新年抱負のブログを読むのがちょっと好きだったりします。
あっ私も頑張ろうって思えるからです。
あと、毎年のはじめに石井ゆかりさんのサイトで年報を読むのがとても楽しみ。

大掃除中に、10年前の美術予備校でのデッサンの講評ノートがこっそり出てきました。苦しかった記憶の方が強い時期のノート、何書いてたっけと思って見てみたら、指摘されたこと200%自分のものにして絶対上手くなってやる!!!!っていう気迫が漏れ出ているようでした。デッサン大っ嫌いだったのにな。こんなに頑張ってたのか私。
処分するつもりで出してきたけど、その気迫に随分と勇気をもらってしまったので、もう少しだけ側に置いておくことにしました。
そのノート見ていて思ったんだけど、浪人時代って合同講評はすれども周りはあまり気にしていなくて(って言い切ったら嘘になるかな、上手い人いっぱい居たし自分すごく下手だったから毎回凹んでた)「周りより上手くなる」よりは「先生の言うことを信頼して上手くなる」って感覚で作品描いてたな、と。とにかく先生の指摘点を信じていました。納得していたし、それで描けるようになってきた、っていう実感があったんだと思う。
そういう実感ってだんだん難しくなるものだと思うけど、自分次第でもあるのかな。自分はまだまだ恵まれた環境で、見てもらおうとすれば見てくれる人もいる。周りの見過ぎとか勿体ないことしないで上手くやっていけたらいいな。浪人中ももちろん「この人くらい描けないと合格出来ないよ」なんてばんばん言われてましたけどね!

そんな新年です。心の持ち方の話もそこそこに、単純に描く量増やしていくべきと思ってます。
今年もよろしくお願いします。
posted by 岡亭みゆ at 15:19| 日記