2014年02月26日

20140226

たぶん私は、自分の世界を描くことで現実の世界と繋がろうとしている
その方法はあっているのか間違っているのかわからないけど、私が選んだ方法であって
そしてたぶん脊髄で描いているだけでは繋がることは出来ないとも思う

ずっと欲しかったCDを入手しました。11年前の中古同人CDです。手に入れられるとは全く思っていなかったものです。
ずっとずっと聴きたかった曲を聴いています。嬉しすぎて涙が出るほどずっと聴きたかった曲でした。
そしてとても創作意欲に繋がる曲でもありました。

突破口はまだまだ開けるどころか針の穴も見えませんが、まず描こう。話はそれからだ
あっついったでもそっと自主企画はじめました。そのうちこっちにも繋ぐ予定です。
posted by 岡亭みゆ at 01:04| Comment(0) | 日記

2014年02月23日

星くず2在庫の件+α

【星くず管理人2-見えない落としもの-】の在庫がなくなりました。再版予定はないので次回ティアにも持っていきません。

これまでの印刷部数と購入して頂ける部数がここ1年くらいでちょっと変動してまして、印刷数及び持ち込み数をいろいろ考え中です。
取り置き対応してフォームとか作った方が良いのかな…と考え中。でも、イベントで売り切れても通販でなくなっちゃったんですねって声は聞かないので、イベントに持ち込む分だけ取り置きとかかな まだまだ未定。
posted by 岡亭みゆ at 23:20| Comment(0) | 外部活動お知らせ

20140223

土日使って博物館をはしごしたりなどしていました。人波に揉まれてすごく疲れたけど大満足…!


土曜日。
江戸東京博物館の『大浮世絵展』へ!
一緒に行くはずだった方が行けなくなってしまい、チケット譲ってもらってしまったので友人誘って2人で突撃。
江戸初期から明治大正に至るまでおそよ300年分の浮世絵がずらりと。ものすごい展示数でした。混んでたのもあるけど全部見るのに4時間くらいかかった…!
今回どきどきしたのはですね、今まで何度か浮世絵展は見に行ったことあるのに知らなかった技法を知れたことです!それは空刷り(空押し)!!自分の同人誌では未だ一度もやったことはありませんが、実は岡亭、大のエンボス加工好きなのです この技術がこの時代に、しかもこんな流行って多用されてたとかなんで知らなかったんだorz その実物を見られたことにとても興奮しました… 空刷りの上に色が模様となって綺麗に重なってるのとか、あれ手刷りなんだよなあ…すごいなあ…
時代の変遷によって、かたい表情から次第に崩れてオーバーなリアクションになっていくのが見れたりと、流れを感じる展示でありました。
それと、木版が入ってきたことにより肉筆画から木版の絵師に転向した人、肉筆画のみを描き続けた人、そのどちらも描いていた人が居たことを知って、なんかこう、自分がやりたいようにやっていいもんなんだろうなとふと思ったのでした。

そのあと友人ちゃん宅にお邪魔して作業会と称したお絵描き会やってきました。ここ数日また気持ちの浮き沈みが激しくてアンニュイな言葉も投げたりしたけど、最終的には聞いてもらえて良かった。あと人と喋りながらのお絵描きはなにはともあれたのしい。
絵を見てもらったりもしたんだけど、植物の描き方が良くなってるって言われたのすごく嬉しかった。確かに前は好きでもおっかなびっくりだったかもなー…まだまだだけどよりよく描いていけるようになりたいものです。


日曜日。
国立科学博物館の『大恐竜展-ゴビ砂漠の脅威-』へ!
4ヶ月も開催期間がありながら最終日滑り込みという失態をぶちかましてきましたが叫ばして頂きますと『会いたかった!!!』ということです もおおおとても良かった こっちも人すごかったけど
ゴビ砂漠から発掘された、白亜紀初期〜絶滅までという比較的焦点を絞った展示でしたが多様な恐竜が見られました。レプリカももちろんあったけど実物もかなり多かった印象。あと、ホロタイプ(基準となる単一の標本のこと)がとてもたくさん見られたのは良い経験になりました。
今日の一番ドキドキはテリジノサウルスとデイノケイルスの腕の実物化石。これはやばい。やばい。「恐ろしい手」という意味の名前がつけられたデイノケイルスは長い間腕しか見つかっていなかった恐竜です(今ちょっと調べたら少し前に胴体も見つかったそうですね、今後の発表に期待)その!腕が!目の前に!!震えました。この目で見られたことが。ぞくぞくした…
ゴビ砂漠ってだけあって、有名なヴェロキラプトルとプロトケラトプスの格闘レプリカとか(これ、別のとこで実物化石を見たことあったので今回はスルー気味に)濡れ衣で有名になっちゃったオヴィラプトルとかが多く取り上げられてた印象。鳥脚類多かったかな。あっでもサイカニアとかサウロロフス、タルボサウルス、ガリミムスあたりも見てて幸せだった
なにかの最中にそのまま化石になったものは、見ると少し泣きそうになります。上記の有名な格闘化石の他、巣の中で15匹固まって同じ方向を向いたまま化石になったプロトケラトプスの赤ちゃん達とか。でもそうじゃなくても生きたまま埋まってしまったのは結構な数いたんだろうなあ

帰りに本館多目的室で開催されていたミニ企画展『ダーウィンフィンチ-ガラパゴス諸島で進化を続ける鳥-』にもふらっと立ち寄ってきました。小さな展示でしたが、生物の進化に関する興味深い展示で面白かったです。諸島の島ごとに違う進化っていうのは面白いなー
しかし衝撃だったのはハシボソガラパゴスフィンチ…世界で唯一吸血活動を行う鳥…(しかも雑食で普段は木の実とか虫とか食べる)カツオドリの生命を脅かさない程度とはいえ絶対痛いだろアレ…も、もっと抵抗しろよ… こいつがほんと衝撃的すぎた


暫く特別展や企画展ばっかり行ってるんですが、今日(若干迷って)本館入った時に懐かしさを感じて、そういや随分暫く行ってないな〜と思ったので時間作って科博の常設展もまた行きたいな〜と思うのです。あそこはほんと素晴らしい。
あとポスター貼ってあったけどつくばの植物園が非常に気になる。ちょっと前にマンドレイク開花したとこだよね。うーんなんとか時間作れぬものか。
インプットの刺激を受けまくり、また頑張るのです。2月中に今抱えてるものどれだけ更新出来るかしら。
posted by 岡亭みゆ at 21:38| Comment(0) | 日記

2014年02月20日

20140219

20140219-01.jpg

ヒトリエミニアルバム『イマジナリー・モノフィクション』購入しました 待ってた…!
前回のセンスレス・ワンダーからの2ヶ月連続リリースと聞いてそわっそわしてましたが今回の7曲もすごく良い…!wowakaさんの書く歌詞にもう何度も表れるワードがあるけど、そういうところから世界観確立されてくんだろうなーとも思ったり。
ヒトリエの楽曲はあのなんとも言えない、仮面をひっぺがされるような感覚がとても好きです。ノイズのようなギターラインも好きだ…
アイマイ・アンドミーとアンチテーゼ・ジャンクガールに特にごろごろしてる
あと今回の初回限定パッケージめちゃめちゃお洒落じゃないか…なにこの透明のカード…好き

iPodが不調なのか正常なのかよくわからん状態になりました ぽっどさんいないとしんでしまう
入れてたジャケット全部消えてからおかしいとは思ったけど、一度「追加変更出来ません」的なこと言われてパニクるも今日接続したら普通に曲追加出来て困惑 曲追加出来たのはほんと良かったけど…!
まっくさんが一度まっしろになってるから、ぽっどさんだけに入ってる曲が結構な数あって、今一応大丈夫になったとしてもバックアップやっぱりどうにか取らなきゃなーと思ったり…

眠気が若干日常生活に支障を来すレベルでちょっと困っている。うーんやだなーちょっと諸々気をつけたい
夜遅くに原稿やってる時とかはともかく、朝方音楽聴いてたり、仕事帰りにメール打ったりゲームしてる途中でいきなり寝るのが最近また増えてる 仕事中も眠気に耐えられなかったり、晩ご飯食べながら寝そうになることも珍しくない
睡眠サイクルうまくいってないのはわかってるから少しずつ…
posted by 岡亭みゆ at 00:52| Comment(0) | 日記

2014年02月16日

20140216

コミティアで買った、真斗先生のイラスト歳時帳3をようやく読みました。
このシリーズは30年近く真斗先生が描かれてきたイラストと当時の解説をまとめているものだけど、3が、ちょうど1996〜2000のもの。
私が最も影響を受けている漫画は今でもポケットモンスターSPECIALで、それが連載されていた時期とちょうど重なります。
知りたかった。この時、真斗先生がポケスペ以外にどんな作品を描いていたのか。どんな思いで、作品を描いていたのか。
読み終わった後、泣いてしまった。歳時帳1をイベント会場で手にしたときとは少し違う涙だったと思う。
これを言葉として残し伝えてくれたことに感謝したいです。

ポケスペは本当の命がかかっていた漫画で、
自分が目に見ていたものよりも遥かにたくさんの人の思いが重なって出来ていた漫画で、
自分が思っていたよりも遥かにたくさんのことが考えられていた作品で、
日下秀憲先生のツイッターでの当時のお話を読んでいたときも思ったけど、そういう漫画に、小学生の頃に出会えて本当に良かったと改めて思えたし、大人になった今こうだったと知ることが出来て本当に良かった。

ポケスペ及び真斗先生の影響は上でも言った通り、自分が漫画描く上で一番影響を受けたものだと思っています。
今でも、抜け切らない影響に悩んだりするほどです。もう16年も前の話ですがそれほどまでに衝撃的な出会いでした。
真斗先生の話を聞くうち、ポケスペの漫画構成が真斗先生のそれとは違うものとは知りつつも。まただからこそ、こうやって自費出版ででもオリジナルの漫画を読めるのがたまらなく嬉しいんですけども。
勝手な一ファンの思いではあるけれど、今はとにかく体調に気をつけて過去作編集、また、作品制作をしていけますよう切に願っています。

この人に出会わなかったら、私は漫画を描いていなかったと今でも思うから。
思えばコミティアの存在を知ったのも真斗先生の活動からだったんだよなあ…
posted by 岡亭みゆ at 14:19| Comment(0) | 日記

2014年02月15日

20140215

cut-comitia108-01.gif
5月コミティア申し込みしました。珍しく文字なしとか載っけてみる。
ゆるゆるっと編集作業中です。予想以上にページ数あったっていう… 
posted by 岡亭みゆ at 20:38| Comment(0) | 外部活動お知らせ

20140215

20140215-01.gif

雪やばいっすね 関東での2度の大雪警報16年ぶりだとか 16年前も本当に凄かったんだな…前記事の通り雪合戦した記憶くらいしか曖昧に残ってないけども…
電車遅延が雪と関係ないことで起こっていて、さらにだんだんと雪の影響も重なる…という日でした ホームで待ちぼうけ寒かった…

Värttinäばっかり聴いています。
VihmaとIlmatarが今特にお気に入りでがんがんリピート。
少し前についったで呟いたことメモ程度に 曲調にも寄るでしょうが低音打楽器(orベース)+高〜中音弦楽器の曲が炎のイメージとして聴こえることが少なくなくあります。これ、共感する人ってどのくらいいるんだろうな〜とふと。
高音笛系楽器が風イメージはなんとなく共感する人多そう。
ヴァルティナのサックスは炎に聞こえることが多い。
posted by 岡亭みゆ at 02:17| Comment(0) | 日記

2014年02月10日

20140209

20140208-01.jpg

20140208-02.jpg

20140208-03.jpg

札幌に住んでいた頃に、このくらいの雪は嫌というほど経験しただろって言ったらそれまでなんだけど、それでも引っ越してから随分経ってから東京でこの量の雪が降っちゃったりするとやっぱりテンションは上がるわけです。
信号機の氷柱が非常にお気に入りです。
東京で、真っ白の空に降る灰色の雪が見られるなんて…!雪が降るとしんと静かになるから好き

16年ぶりだかこの先45年ない雪だかといろいろと言われておりますが
16年前の大雪をほんのりと覚えております。まだ埼玉に住んでいた小学生当時、担任の先生がなにかの授業をまるまる潰して校庭でクラス全員で雪合戦したり雪だるま作ったりした記憶がけっこうはっきり残っているのです。身体動かすのはそんな得意でも好きでもないし、これといってクラスの皆とワーワーするような子供でもなかったのですが、これはすごく楽しかった記憶があります。
あとこの年に、親戚宅に行っている間妹が大きな怪我をして、数日父と二人だけで過ごしたことがあります。そのうちの一日、習い事を終えて帰る夜に結構しっかり雪が降っていた記憶。
あと雪と言えばの、札幌の記憶。楽器と鉛筆と絵具の記憶。
ほんのり思い出して少しだけ感傷に浸りつつ、すっかり景色の変わった東京に、まだ少しだけ浮かれております。
世界が変わってしまったみたいだ
posted by 岡亭みゆ at 00:51| Comment(0) | 日記

2014年02月06日

COMITIA107ありがとうございました!

20140205-01.png

日曜日のコミティア107参加された皆様お疲れさまでしたー!
久しぶりの貫徹+さらに初めての遅刻(一般列に紛れて入場)+その上会場製本というコミティア参加史上最悪な始まり方をして途中も目を開けながら寝ていたような気がしなくもないです っていうか修羅場感が前回とすげえデジャヴ!!これだからコピー本は…!orz
スペースに着くまでに『向かってます』看板まで出しておいて下さった隣接きむら師匠には頭が上がりません本当にありがとうございました…!

新刊を持って行けたことには持って行けたのですが、予定数の半分しか持ち込めず案の定途中でなくなってしまいまして、前回以上に平謝りしていた気がします。単純に自分の計画とモチベ維持のミスです。お渡し出来なかった皆様本当にすみません。次回5月ティアにも参加予定なので、その時には充分な数持って行く予定です。
続きではなく番外編、しかも空気みたいな漫画でしたが久しぶりにヒカリシ描けて楽しかったです。初見さんに優しくない感じの漫画だったので、今回の本で初めてヒカリシを知って頂けた方にはもし良ければサイトに載せているお話も読んで頂けたら嬉しいです(´w`)
新刊2冊、既にチャレマさんにて通販開始しております。(直通はこちら)両方無料配布なのでお気軽に通販ご利用下さいね!

委託させてもらっていた双子アンソロも気にして頂ける方多くて嬉しかったです。もともと少部数委託でしたが予想以上に購入して頂けたので委託分残り僅かです。
こちらも次回も持って行きますが、私のサークルでの通販は対応致しません。告知サイトで通販案内されているのでそちらからお願いします。

徹夜明けでふらふらしていた所為であんまりスペースから出歩けなかったのですけど、今回も沢山の方とお話出来て良かったです。
というかお知り合いさんに貫徹人口がすごく多かったのは気のせいでしょうか みんな寝て(説得力皆無)
そうだ今回男性のお客さんが随分多かったような気がします。というか全体的に参加人数多かったのかな けっこうずっと人うろうろしてるなーって感じだった
自分はずっと、男性に読んで貰える少年漫画を描くのがひとつの目標で、(今回の新刊2冊は少年漫画かと言われればちょっと違うと思うけど)女性である自分の視点で男性に好かれる漫画を描くのは難しいとは承知の上だけど、それでも目指してみたいという気持ちはあるので嬉しいことなのです。もちろん女性に好かれるのもとてもとても嬉しいことです。男性向けと女性向けの『これ』っていうポイントがイマイチはっきりとはわかっていなくて一生模索なのかもなーとは思っているのですが。
もっと言うと男性に好かれる少年主人公が描けたら最高ですねっていう話 (女性の視点で描く)それはとても難しいと言われたこともあるけど 憧れ
あと、隣のスペースから聞こえてきた「漫画は自由ですからね」って言葉がずーっと頭の中をぐるぐるしている。でも嫌な感じじゃない。

アフターは匠さんとご飯でした。東京駅迷いますよね…(笑)
創作活動でのあれこれいろいろお話し出来て楽しかったです!文字書きさんとのお話はまた違う刺激になります

なんだかボロボロの参加でしたが、とにもかくにも途中退場しなくて良かったです…(笑)あとここ何日かで乾燥に鼻をやられてほぼ毎日鼻血出してたのでイベント中に鼻血出なくて本当に良かったです笑い事では…ない…! 帰ってから出て止まらなくて寝れなくて困ったのは内緒です
次回5月も参加予定です。難しいかもしれませんがモノクロ再録本2を予定しています。無理そうだったら別の機会に回すかもしれませんが。また短いお話のコピー本も出したいなあ
今回サークルスペースに立ち寄って下さったり、お話して下さった全ての皆様に感謝!
また5月にお会いしましょう!
posted by 岡亭みゆ at 00:41| Comment(0) | 外部活動お知らせ