2013年11月30日

2013/10/29拍手返信

拍手ありがとうございました〜
つづきからどうぞ

つづき。
posted by 岡亭みゆ at 00:44| Comment(0) | 返信

2013年11月29日

20131129

20131129.jpg
3日くらいVärttinäばっかり聴いてる気がする
今のお気に入りは【Ilmatar】収録の『Liigua』。

11月中にup予定だった星くず管理人の続きのお話ですが、もう少し時間下さい、すみません。
12月中に出来たら良いな…30000hitのと折り合い付けつつ。


這うようにポーマニやってるけど、集中切れるとすぐどうでも良い線になるのは何描いても同じだなー
机に座ったらまずクロッキー帳2p分、だいたい15分やったらその日はおしまい。疲れるから 90秒にしても間に合わなくなってる…
続ける、ということにまずしがみついてみる 描くことを嫌いになりたくない
昨日の記事見返して思ったんだけど、学生時代デザインに対して思っていたことを今そのまま漫画に対して思ってるような気がする。(小さな充実はあるかもしれないけど)一番の夢に結びつかないから嫌いになって遠ざける。自分が作ることだけじゃなくて他者の作品を見ることすら怖くなる
もう充分だ

買ってからずっと置いてしまっていた銀の匙9巻をようやく読みました 夢を追うのに刺さる言葉が相変わらずいっぱいの漫画で大好き
posted by 岡亭みゆ at 22:00| Comment(0) | 日記

2013/10/25・27拍手返信

拍手ありがとうございました!
つづきからどうぞ〜

つづき。
posted by 岡亭みゆ at 02:14| Comment(0) | 返信

20131128

20131128.jpg
楽器と画材は嘘を吐かない

CamScannerというアプリを知り、入れていじってみたりしている。
ガラケー時代ケータイカメラには随分お世話になっていたのだけどあいほんに替えてから写真編集ってどうやるんだろう…?ってずっと思ってたんだけど、やっぱりみんなこういうアプリでやってたのね といいつつちょっとフォトショも使ってるけどこれ


土曜にかぐや姫を見てから(見る前からそんな流れがあったかもしれないけど)鉛筆が使いたくて、いつもならシャーペン使っちゃうとことも鉛筆でやってみたりしている
ちょっと時間経ってしまいましたがかぐや姫の物語、すごく良かったです。物語の本筋を知っていたから良い意味で落ち着いて見られた反面、オリジナル要素にどきどきしたり、わかっていてもぼろぼろ泣いたり、入り込んで見られる作品でした。
プレスコという技法、声優陣、特に翁の地井さんの熱演さ。私は地井さんを語るほど知らないし作品も見ていないけど、完成を見る前にこの世を去ったことを思うとどんな思いで演じたのか、どんな思いでこの作品を気にかけていたのかを考えてしまった
それからあの鉛筆線。本当に、よくあの線で動かそうとしたな…と思った。CMや直前の特番見てる頃から感じてたけど、ぞくぞくした。スタッフロールに、【塗線作画検査】という欄があった。特番でも言っていたけど、あれは線が『閉じて』いないから、塗り用にもう1枚絵を用意している。それだけをチェックする人がいるほど。そんな手間がかかっても、高畑監督はあの線に拘った。その拘りが伝わってくるたびにぞくぞくした。
昨今の絵や漫画の作画のデジタル化は本当に便利なものだと思う。私自身、その恩恵は大きく受けている。でもそのデジタル化と同時に効率の良い方法も習得しようとして、もしかしたらなにかなくしたものもあるのかもしれないと、ときどき思い返すこともある。
線を閉じると、塗りは劇的に楽になる。でも自分は、可能なら、狙って『閉じない』作画を確立させたいとずっと思っていた。それが、それを目指すことが、この作品を見た時になんだか許されているような気持ちになった。手抜きに見えない、閉じていない線。
何度でも見たい作品と思えました。はやくDVD出ないかな(はやい)
内容についてはネタバレになっちゃうのであんまり言いませんが、姫の言う『ニセモノ』って言葉がひどく突き刺さって抜けていません


そんで日曜はなぎさんツミさんと遊んできましたよ いつもありがとう…!
はじめてボルテ経験。よもや自分があれに手を出すことになろうとは思わなんだ…すごい楽しいアレ
なんとか最高Lv7クリアしてたけど、3人一緒にプレイしてたりしてたから曲名がわからん あれBEMANIカテゴリですらびっくりするほど知らない曲ばっかだし(原曲知っててもアレンジされてると!?とかザラ)、東方は原曲ばっかり聴いてるからアレンジはほとんど知らないという Bad Apple!!とtaboo tears you up入ってるのはそわっとした この2曲だいすき
あとボルテオリジナルキャラ…って位置付けで良いのか 曲だけじゃなくてキャラも魅力的な子いっぱい居てどきそわ ちょっとずつやりたいなあ〜
飲み屋のチーズフォンデュが美味しかった記憶。いっぱい話聞いてくれてありがとう〜なんとか進んでいかないとだね


たぶん生きていくのに描くことなんかしなくても他の道はあるんだろうけど、
描かなくても平気、な自分になってしまうのが怖くて、ぐちゃぐちゃになりながらどうにかしている 描かないそれは自分じゃないしそんな自分はやっぱりいらない
そんなことをずっと繰り返してきたし繰り返しているしこれからも繰り返すんだと思う
あと考えすぎて漫画を嫌いになりたくないとあれほど言っていたのに
posted by 岡亭みゆ at 01:45| Comment(0) | 日記

2013年11月23日

20131122

前の放送時におそらく見る勇気がなくて見られなかった火垂るの墓を、最初から最後まで見ることが出来た。
今までずっと見られなくて初、というわけではないけど、たぶんはじめて見てからの衝撃以来勇気が出ていなかったんだと思う。
でも今日の放送はなぜだかすっと見られた。なんだか、見なければいけないような気さえした。
放送終了後に『心に響きますね〜』なんてナレーターが入ったけど、テレビ放送的にはそう言うしかないのかもしれないけど、響くというより私は心がぐしゃぐしゃになってしまう気がする。もやもやするし、しんどい。
高畑監督の映画は表情、表現がより現実的だなあ、と思う
空襲の炎はあんなにもあんなにも攻撃的なのに、節子を火葬する時の炎はとても優しいものに感じるのです。

明日かぐや姫の物語観てきます。封切り一番の上映で…!
風立ちぬの時に放映されてたCMですらちょっと鳥肌立ってたので非常に楽しみ!
posted by 岡亭みゆ at 00:12| Comment(0) | 日記

2013年11月22日

20131121

鉛筆を削る時のカッターに入れる力加減
削れた芯から出る匂い
その尖った鉛筆で描く時の鋭い音
この鉛筆、いつから丸いままだったっけか。

ポーマニが続かない。三日やると3ヶ月とかザラに開く
それでも思い立った時に始めようと思ってそれ用のスケッチブック開いて、また間隔が開く
まるで上手く描けないからすぐ飽きて匙を投げる 当たり前だ こんなやり方じゃ

最近、『その程度だ』という言葉がものすごい勢いで頭の中を駆け巡っている。
描くことも、描くことが好きだということも、生きるということも。
posted by 岡亭みゆ at 00:17| Comment(0) | 日記

2013年11月19日

20131119

数日に色んなことありすぎております ちょっとまた浮き沈みの波が激しすぎる 困った
えっと

15日。挑戦していたものの残念な結果がわかりました。絵の関係のものでした。
自分的にはそうなあなあで挑戦したものでもなかったのでショックで、朝に結果が分かったあと平静保って仕事は行ってこられたんですが帰ってきてから母親に八つ当たりしてしまい、その後猛省。
でも本当に絵なんか描きたくなくなったのは嘘じゃない。やっただけ報われるっていうのも信じられないし、人からの評価も信じられなくなった。結果が欲しかった。
挑戦先からは、何が駄目で、何を直したらどう良くなるのかの返事が届いていた。その文章もすごくショックだったけど納得はいくもので、もしかしたら私はずっとこういうものが欲しかったのかも、とも思った。1月に漫画の投稿をして、なににもならなかった結果だけを2月に受け取ってから、ずっと何か止まってたものに少しヒビが入ったような気持ちにはなった。なったところで浮上出来たわけじゃなかったけど。

16日。そんな気分のまま、誕生日を迎えてしまいました。
数日前から計画(というほどでもないけど)して、両親と高尾山に登ってきました。天気がすかっと晴れて気持ちがよかった…!
写真つらつら
20131116-01.jpg
ケーブルカー乗り場あたり 超混んでた

20131116-02.jpg
紅葉観に行ったはずなのに杉の根っことか見てる方が明らかにわくわくしてる岡亭 ここの根っこ逆上がり出来そうで(?)好き

20131116-03.jpg
銀杏の黄色は落ち着くから好き

20131116-04.jpg
根っこは骨に似ているから好きなんじゃないの?との母の言葉に謎の納得

20131116-05.jpg
山頂にて。この後このもみじが年中赤い種類だと気付く。富士山はこの日は見えなかったなあ。

この日覚えた植物。【石斛】(せっこく)。岩の上や大木に着生する着生植物である(wikipediaより抜粋)木の太めの枝からびろびろ出てて可愛い。
そこから着生植物ってなんぞ?となる→大木にくっついてる別の植物って全部寄生植物かと思ってたらただくっついてるだけのやつがいることを知る。
山道歩きながら、父親の「対生の反対は?」の問いに「互生」と答えたり、幹の模様への興味に賛同したりしていたら「同じ領域に踏み込まないで!」とか言われたが(冗談で言ってるのはわかる、たぶん教えたかったんだろう)、私の植物知識及び植物への興味のほとんどは父親譲りなのでそこはしょうがないというものだよ そしてよく考えたらもうひとつ輪生があるから厳密に反対じゃなかったという
前日絵なんかやめちまえ状態だったんだけど、登ってる時に木ばっかり見てて、こう描けばもっとらしくなるだの葉っぱの付き方はこうだだの影はもっと青色だの自然に考えてるのにふと気がついて、本物の力ってすごいなって思いました。

高尾山に登ったら三幅だんごを食べるのが自分ルールになっています。1本?いえ、行きに味噌、帰りに胡麻の2本です。食べ過ぎです。この2本だけかと思ってたら駅前に醤油があったのはじめて知った…さすがにこの日は食べられなかったけど、今度行った時に!

帰ってから妹と少しメールしたんだけど、なんかこうがつんと喝を入れられてしまったので姉貴はもう少し頑張らないといけないなと思いました…まだまだ本調子じゃないけど、調子上がるの待ってるのも違うよなあ…
当日お祝いの言葉下さった皆様、改めてありがとうございました!祝ってもらえるなんて、私は幸せ者だ…
恩を受けた皆さんに恩返しがしたいと、最近そんな風に思うことが多くなったような気がする。

頂き物もそっと紹介。

きむら師匠から

匠さんから。(リンク先ついったです)
posted by 岡亭みゆ at 01:54| Comment(0) | 日記

2013年11月13日

20131112

20131112-01.jpg

コミティア107申し込みしました。activityにカットもそっと。
気付いたらやるべきことがごっそり山積みになっててくらくらしてきたので一度リストアップしてみたらやっぱりくらくらしました
文字にしてリストアップするの大事だとあれほど何回も言ってただろ…!どんどん着手していかないといけない!
そして今日寒いしか言ってないような気がする。くしゃみすごい出るけど風邪ひいてる場合でもないぞー 10月おわりくらいに地味にやられてたんでもう今シーズンは結構ですよ!!
posted by 岡亭みゆ at 01:06| Comment(0) | 日記

2013年11月11日

20131111-2

20131111-02.jpg
duet.

***


ばあちゃんの命日だったのでばあちゃんが好きだったチョコレートを買って帰ったら、母と丸被りして仏壇がチョコだらけになっていますがあまり問題ありません
posted by 岡亭みゆ at 23:44| Comment(0) | 日記

20131111

20131111-01.jpg

楽しんで描く時期じゃないかも、とか言いながら、楽しんで描くってやっぱ強いな〜とか思ったりもする
もしかしたら塗るのが楽しい時期なのかもしれない?双子アンソロの原稿やってたときも、あれはラフも線も楽しくやらせてもらってたけど、色塗るのすごく楽しかったんだよなあ
デジタル塗りはこうあらねばならないって思ってた時期があったんだけど、それをやめてから一番塗りやすいツールがフォトショになったときと近い感覚。 いやうまく説明出来ないな…

発光表現が苦手なのに苦手苦手と文句を言いながらそれでも憧れるのは、描きたい物語の主人公の扱うものの圧倒的発光率だと最近気付くのだった… 炎と雷と光…
たぶん、嫌いじゃない。出来ないから、好きじゃないだけだ。出来ないから、逸らしてるだけだ。
だいぶ前だけど、線の集合体がキャラクターを形作る、という言葉と同じ時期に聞いた言葉だったか、”光は色で構成される”。
科学的な、プリズムとか可視光線とかとしてももちろんそうなんだけど、絵の画面上において発光している、と表現されているものも本当に発光してるんじゃなくて色とか線とかなんだよなあ。
ちょっと忘れていたこと。
posted by 岡亭みゆ at 01:29| Comment(0) | 日記