2012年08月30日

20120830

自分の描けるものを広げたいと思うのは
自分が描きたいと思うものを自分がより納得して描けるようになりたいからだ

キャラクターから物語を描く方ではあると思っているけど、キャラクターはあくまで『点』であって自分の到達点はそこではないなあと思い直す今日この頃
もちろん自分は、ですけど 到達点をどこに持っていくかは個々で違うはずだ
絵的な意味でキャラクターを描くのが一番楽しいのも事実ですけど

点で線を 線でキャラクターを キャラクターで物語を 物語で世界観を

話描くのはすごく難しいけど、自分はやっぱり自分の絵で自分の世界観で自分の話が描きたい
必要に迫られて遠回りしてもそこは揺るがないし揺るぎたくない

面白い、漫画が描きたい。
posted by 岡亭みゆ at 02:44| Comment(0) | 考察

2012年08月28日

09/02 COMITIA101のこと

cut-comitia101.gif

COMITIA101
日時:2012/09/02(日)11:00〜16:00
会場:東京ビッグサイト東5・6ホール
スペース:さ03a

◆新刊
hikarishi4-hyou1.gif
【ヒカリシ-find-】
B5/32p/¥300/表紙単色(画像は原稿のままの白黒)
ヒカリシのお話4話目。この話から、オムニバス形式ではなく少し続きものになります。
前回未完成だったものの完成版となります。描き下ろし等はありません。
少しだけサンプル…(右側からどうぞ)
hikarishi4-11.gifhikarishi4-10.gifhikarishi4-09.gifhikarishi4-08.gif

◆既刊
・ヒカリシ -灯台と影- ¥500
・草色太陽 ¥300
・このてのひらにかしわともち ¥300
柏餅本ですが、季節もののため今回机上に置きません。欲しい方いらっしゃれば事前に一言ください。持っては行くので当日でも構いませんが、残り部数少ないです。
既刊について詳しくはこちらをどうぞ。


はじまってすぐと、お昼から30分くらいはスペース不在となります。
もしかしたらいつもあるものがないかもしれません看板とかペーパーとか…

一週間切ってるとか早い!当日たくさんの方にお会い出来るのを楽しみにしております〜


※当日の朝こっそり追記
ギリギリ間に合ったので看板とペーパーあります!
posted by 岡亭みゆ at 22:09| Comment(0) | 外部活動お知らせ

2012年08月20日

20120820

自分の漫画の方向性にいつもいつも迷う
好きなもの詰め込んでいるのは変わりないんだけど、もう少し、もう少しだけ少年要素欲しいって何年も言っててですね…
その少年要素が比較的強めの世界観のものを描いていないっていうのがそもそもの原因の気がするのだけど
本当はバトルモノだって諦めていないはずなのに

あと、もっとはやくやっとけば良かったと思いつつ今更なんですが、サイトのストーリーページの工事長引きそうなのでCLIPで借りてたページ貼っておきます。
ヒカリシだけですが
あとでサイトトップからも貼っておこう…
posted by 岡亭みゆ at 00:28| Comment(0) | 日記

2012年08月17日

20120817-2

今日の夜から母方の親戚のうち行ってきますー

ぶっちゃけ
ほぼ一週間まるまるおでかけつらい
行くのがつらいんじゃない
机に、紙に向き合えないのがつらい

外的要因で描けないのはつらい

その間にどんどん時間が進んでいくから
その間にどんどん周りが進んでいくから


という我儘な子供の言い分
posted by 岡亭みゆ at 17:34| Comment(0) | 日記

20120817

自分が感じている以上に、自分は人の目に付いていない。
自分が思っている以上に自分は人の目に付いている。

思い上がってよく忘れそうになること
しっかりしないと

待ってちゃだめだ
自分から動かないと
ピンチはチャンスって言葉はあんまり好きじゃないけど
まだ一歩も動いてない
posted by 岡亭みゆ at 08:04| Comment(0) | 日記

2012年08月16日

金沢小旅行

前記事の通り、お盆休みは父方の親戚の家に行って参りました。3泊4日金沢の旅!

目的はお墓参りだったのですが、かつて父が住んでいたという家に行ったのが父自身も17年ぶり?私も一度だけ行ったことがある〜なんて思っていたらその17年前の1回が記憶に残ってただけで、実際はその前に毎年行ってたとかなんとか…さすがに覚えてなかった…
ちょっとやそっとじゃない、本当に”山”の家。家にある囲炉裏を囲んで、鬼灯で遊んだ記憶。家の前の川に掛かる石の橋の記憶。確か雪の日だったから滑るからやめろと言われたような。
家の近くに石の階段がある。降りていくと、川に入ることが出来る。そこの記憶は自分にはなかったけれど、父と伯父が小学生に戻っていた。その日の気温は35℃近くあったけど、そこだけ別世界みたいに涼しかった。
家の近くの坂を歩いて5分くらい。山の木々を分けるように建てられたお墓がある。きっと初めてじゃない初めて行く場所に、そっと手を合わせてきた。帰り道、じいちゃんが天然の茗荷を採ってくれた。鬼百合が凛と咲いていた。
小学生に戻った父を見ると、山で、ここで育っていたんだなあと、心から思った。

それから、金沢21世紀美術館に行って参りました!ここずっと行きたかったから非常に嬉しい…!!!
なんといっても見たかったレアンドロ・エルリッヒの【スイミング・プール】!!テレビとかで見てた以上に本当に水中に見える。上からも下からも水中に見える。なんだか涼しい気もしてくるし、ついでにプールのあの匂いがするような気がしてくる。
常設展では他にアニッシュ・カプーアの【L'Origine du monde】がとてもお気に入り。ああいう根源的な色覚に働きかけてくる作品好き。
開催中展示の【matohu 日本の眼 日常にひそむ美を見つける】は、ファッションとテキスタイル、ふとした瞬間の日常に潜むものを気づかせてくれるような展示でした。色と模様にそわそわ。
同じく開催中展示の【ソンエリュミエール - 物質・移動・時間】は、たくさんの作家の中から自分の好きなものを探す宝探しみたいな感じで面白かったです。光と音を主なテーマとした展示ではあるけど、色や空間にも着目出来るものがいくつかあった。
館内も歩きながら学べる、って感覚が強くて、また行きたい美術館であります〜

そうそう忘れちゃいけないのが、従兄家族の嵐。
来月で3歳になるおねえちゃんがとにかくパワフルで、よく動くよく喋る。反対に2ヶ月の弟は2ヶ月なの?っていうくらい静かすぎてほっとかれてるし…(笑)
おねえちゃんの「おえかきする!」に反応して自分もこそこそ隣に移動してみるも、2歳児のお絵描き相手って想像以上に難しい!描くものもまだ形を為してないような年で、且つ『○○描いて!』のリクエストもどう描いたら2歳児が喜ぶのとかものすごい考えてる間に色鉛筆入れてる籠ひっくり返しちゃうしそんなやりとりがお絵描きねーちゃんとしては非常に楽しいわけですが (子供好きで良かった)
ピンク・紫・肌色・オレンジが大好きで黄色・緑・青・茶色が嫌いで…あっそれねーちゃんの大好きな色です投げないで
しかしふと気づかされたことがひとつ。あの年で、おそらく色鉛筆を手に取って『描くこと』自体が面白い子供にとって、「それ、なにを描いたの?」と聞くのは大人の事情なのかな、ということ。ちょっと考え過ぎかもしれないけど、私や母親にそう聞かれてしばし黙るその子を見て、思ったこと。もちろん笑顔で答えてくれた作品もあったけど。
思いっきり振り回されたけど、たくさん元気を頂いてしまった。子供可愛い。従兄にも会えて嬉しかったー!

そんなこんなでお盆休みもおしまい。充実した4日間でありました!
がんばんないといけないなー気持ち切り替えてやっていかないとだ。

20120814124603-1.jpg
レアンドロ・エルリッヒの【スイミング・プール】。

20120816124405.jpg
帰り際通った長野県某所。なんか引き込まれるようだった場所。
posted by 岡亭みゆ at 22:39| Comment(0) | 日記

2012年08月13日

20120813

お盆休みは父方の親戚の家に行ってくるです
お正月ぶりに妹も帰ってきてうれしうれし
全国的に天候崩れ気味だから出かける方気を付けて下さいなー

しばらく下降気味だからちょっとでも回復出来ると良いんだけどなあー

キャラメルマキアートおいしい
posted by 岡亭みゆ at 17:23| Comment(0) | 日記

2012年08月06日

20120806

ずれた眼鏡を調整しにいったり
パン屋さんでパンを買ったり

ぜんまいを回して
歯車にオイルをさして
posted by 岡亭みゆ at 22:22| Comment(0) | 日記

20120805-2

20120806-1.jpg

楽描き。
posted by 岡亭みゆ at 01:31| Comment(0) | 創作あれこれ

20120805

原因不明の吐き気と苛立ちで土日を潰した。
息の仕方を少し忘れている気がする。
ご飯があまり美味しくない。

11月末くらいまでの予定を少し整理した。
部屋の片付けを少し進めた。
目に見える形でないと、認めては貰えない。
『頭の中にアイディアがあると言うだけの奴はずるい奴だ』という恩師の言葉を思い出す。

押さえ付けられるように『なにもやっていない』という感覚に襲われる。
過去の微かな微かな輝きに、藁を掴むように縋り付いている。
posted by 岡亭みゆ at 00:20| Comment(0) | 日記